写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR九州は10月12・13日に東京・日比谷公園で開催される「第20回鉄道フェスティバル」にて、同社の列車キャラクターをデザインしたオリジナル「SUGOCA」を販売する。大分を中心に活躍する3人のキャラクター「ソニックマン」「九州新幹線マン」「ゆふ森マン」を描いた限定デザインで、鉄道フェスティバルの専用台紙付き。

発売額は1枚2,000円(デポジット500円を含む)。3,000枚限定で、12日10時から販売開始される。売切れ次第終了となり、その日のうちに完売した場合には13日の販売は行わないとのこと。1人3枚まで購入可能で、3枚以上の購入者先着100名に、非売品の「くろちゃんマルチケース」を1個プレゼント。なお、販売当日は現役の運転士が列車キャラクターに扮し、オリジナル「SUGOCA」をPRするという。

(佐々木康弘)