写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2012年4月より、23年ぶりの新シリーズとして放送され、今年4月から新章「新生聖衣(ニュークロス)編」に突入したTVアニメ『聖闘士星矢Ω』初となるコミックス作品が、9月26日に発売された。

TVアニメ『聖闘士星矢Ω』は、1986年〜89年に放送された車田正美原作のTVアニメ『聖闘士星矢』の完全新作として2012年4月より放送開始。前作の次世代を担うの聖闘士(セイント)が聖衣(クロス)と呼ばれる戦闘衣を纏い、女神アテナを守り戦う戦士たちの姿が描かれる。今年4月からスタートした新章では、女神アテナと敵対する女神パラス、彼女に付き従う戦士・パラサイトたちとの戦いが描かれている。新章より主人公・光牙たちがまとう「聖衣」のデザインもリニューアルを果たし、「聖衣箱」(クロスボックス)に収められ星座をモチーフとしたオブジェ形態など、原作漫画を彷彿とさせる設定に一新されている。

『聖闘士星矢Ω』初のコミックス化となる本作では、放送中のTVアニメの物語はもちろん、アニメでは描かれないオリジナルストーリーも収録。次世代のペガサスの聖闘士・光牙を主人公に、地上の平和を守るアテナの聖闘士が地上支配をもくろむ敵と闘う姿を描く。旧TVアニメ版で活躍した星矢や瞬のほか、アニメオリジナル設定の鋼鉄聖闘士や女性聖闘士も登場する。漫画は、今年7月に休刊が発表された漫画雑誌『ケロケロエース』(角川書店刊)にて、ばう氏によって連載されていた。

コミックスのタイトルはアニメと同様『「聖闘士星矢Ω」-新生聖衣誕生編-』で、価格は560円。

(C)車田正美/東映アニメーション・テレビ朝日・電通