高田馬場駅「BIGBOX」低層階がファッション中心の駅ナカ商業施設に

写真拡大

 高田馬場駅に直結する複合施設「BIGBOX 高田馬場」の1階と2階部分がリニューアルし、ファッションを中心とした駅ナカ商業施設「エミオ-スタイル-」として10月7日にオープンする。1階に20〜30代の女性に向けたアパレルショップ、2階には服飾雑貨ゾーンを充実させ、これまでの「スポーツ・アミューズメント施設」というイメージに加えて「アパレル・服飾雑貨中心の商業フロアを有する複合施設」としての認知度強化を図る。

高田馬場「BIGBOX」がリニューアルの画像を拡大

 1階と2階のショッピングエリアに開業する「エミオ-スタイル-」のコンセプトは「ちょっと立ち寄りたくなるスタイリッシュなお店」。1階に「earth music&ecology premium store(アース ミュージック&エコロジー プレミアム ストア)」が新規出店するほか、「INDEX(インデックス)」、「ITS'DEMO(イッツデモ)」、「LBC topics(LBC トピックス)」、「カーラ」の4店舗がリニューアル。「ユニクロ」や「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」が出店する2階は「JINS(ジンズ)」やネイルサロン「ネイルパフェ」などが新たに導入される。

 西武プロパティーズが運営・管理する「BIGBOX 高田馬場」は1974年5月に開業し、現在、3〜5階はスポーツフロア、6〜8階はアミューズメントフロア、9階はグルメフロアとして営業。1階と2階のリニューアルに合わせて、駅改札から同施設までのアプローチ部分の改修を行うことで、一日平均で約29万人(2012年度)が乗降する駅と一体になった立地特性を活かしていく。