写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デルタ航空(以下、デルタ)とヴァージン アトランティック航空(以下、ヴァージン)はこのほど、米国運輸省に対して独占禁止法適用除外(ATI)を申請。同省はATIを認め、両社の共同事業(ジョイント・ベンチャー)を承認した。両社は今後、協力体制を深化させ、米英双方の旅行者に向けてより多くのフライトの選択肢を提供、特にニューヨークからロンドンへのビジネス渡航客への選択肢を増やすことになる。

○大西洋路線で共同事業

両社は米国運輸省に対してATIを申請し、ロンドンのヒースロー国際空港において、60%近い発着枠がブリティッシュ・エアウェイズ及びその共同事業パートナーによって使用されていることを指摘した。

今回の承認対してデルタ航空社長のエドワード・バスティアン氏は、「両社が自由に協力することにより、ニューヨークとロンドンを結ぶ路線に必要とされていた高い競争環境が生まれ、新たな時代に突入することになります。デルタ航空は共同事業を成功に導いた実績があり、ヴァージン アトランティック航空との共同事業の構築も大変楽しみにしています」とコメントしている。

○ニューヨークとロンドンを結ぶ新路線

両社は顧客利益を最優先し、特にビジネス渡航での利便性向上を念頭に置いた新フライトスケジュールを発表。2014年3月30日より、ニューヨークのジョン・F・ケネディ(JFK)国際空港とロンドンのヒースロー国際空港を結ぶ直行便を1日7便、利便性の高い時間帯に運航する。ニューヨーク発のフライトは、ニーズの高い夕方の時間帯に30分間隔で運航したのち、22時30分までは1時間間隔で運航する。

ロンドン発のフライトは夕方2本・夜1本を含め、朝9時台から20時台までに7便を運航。また、JFK空港のほか、ニューアーク・リバティー国際空港からもヒースロー国際空港への直行便を1日2便運航し、ニューヨークとロンドン間市場を結ぶ直行便を、合計1日9便運航する。2014年3月30日以降のニューヨーク(JFK)−ロンドン(LHR)間の運航スケジュールは以下。

○米国の人気都市線の就航も

それ以外の路線においても、フライトスケジュールやネットワークに関して両社は緊密に連携する。両社あわせて北米−英国間でピーク日に32往復運航し、このうち24便がヒースロー空港とロサンゼルス、サンフランシスコ、アトランタ、ワシントンD.C.などの米国の人気都市を結ぶ予定。

また、両社は既に、北米と英国間の63都市をつなぐ104路線路線にてコードシェア運航を行い、シームレスなネットワークを提供している。更に、デルタの「スカイマイル」、ヴァージンの「フライング クラブ」の各マイレージプログラムにおいて、マイルの獲得及び利用機会を追加している。

なお、プレミアムクラス利用者やマイレージプログラムの上級会員は、デルタの「デルタ スカイクラブ」とヴァージンの「クラブハウス」の両社空港ラウンジの相互利用が可能。ビジネスクラス利用者は両社が運航する世界中のフライトにて、優先チェックイン、優先搭乗、預け入れ手荷物の優先取り扱い、及び無料で預けられる手荷物範囲の拡大などのサービスが受けられる。対象路線はコードシェア便に限らず、全ての便で適用となる。