写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本の主催で、東日本の駅弁の最高峰を投票で選ぶ「東日本駅弁総選挙 駅弁味の陣2013」が、10月1日から11月30日まで開催される。

今回は東日本の12のエリアから55種類の駅弁がエントリー。食べた駅弁の評価や、食べてみたい駅弁の名称を広く投票し、1位に相当する「駅弁大将軍」を選出する。

エントリーする駅弁は、黒毛和牛と山形県産米を使用した「牛肉どまんなか」(米沢駅)や、東北各県の選りすぐりの食材を集めた「東北福興弁当 -第3弾-」(仙台駅)、「秋田DCオリジナル駅弁コンテスト」で金賞に輝いた「秋田弁 うめどーまずけ!」(秋田駅)など、いずれ劣らぬ"ツワモノ"ぞろい。東京駅の「深川めし」や横浜駅の「シウマイ弁当」などの有名駅弁もエントリーしている。

キャンペーン期間中、東京駅の「駅弁屋 祭」をはじめとしたJR東日本各駅で対象駅弁を販売。週末や祝日を中心に、JR東日本の主要な駅にて対象駅弁を販売する催事も実施する。販売駅や販売日程については、「駅弁味の陣2013」キャンペーンサイトにて発表される。10月1日からキャンペーンサイトにて投票受付を開始。投票した人の中から抽選で、JR東日本ホテルズのホテルペア宿泊券や東日本エリアの特産品などが当たる。

(佐々木康弘)