「お薬手帳」の代役に! 自分が飲んでいる薬を把握できる便利アプリ

写真拡大 (全4枚)

いい女ほど自己管理ができています。収支管理、スケジュール管理、体調管理、etc。ただ、なかなか難しいのが、過去に飲んできたお薬情報の把握

みなさんも、薬局に処方薬を受け取る際に、「お薬手帳」の提示を求められたり、いま飲んでいる薬の名前を聞かれたりして困ったことはありませんか?

「お薬手帳」はそう毎日持ち歩くものではないので、急に提示を求められても対処できないですよね。

そこでおすすめしたいのが、調剤薬局大手・アインが開発した無料アプリ『アインお薬手帳(Android/ios)』。調剤薬局でお薬を受け取った際に、

・いつ
・どの病院で
・どんなお薬を
・何錠

処方してもらったのかを記録しておくことで、「お薬手帳」の代役を担えるのです。記録以外ではこんな機能があります。

・アラーム機能...飲み忘れ防止
・メモ書き...医師や薬剤師から教えてもらったお薬に関する注意事項(副作用、飲み方など)
・検索機能...登録された薬剤名のGoogle検索
・複数人対応...1台のスマホで複数人の「お薬手帳」を管理


【アプリの使い方】

130926kusuri2.jpg使い方も簡単! まず、初期登録をし、「調剤入力」をタップして情報を入力。調剤薬局でアインを使っている方は、アイン調剤明細書に印字されたQRコードなどでバーコード読み取りを。そうでない方は、手入力していきます。そして、空白をタップして埋めていくだけ。

130926kusuri3.jpg薬剤を追加したい場合は、「編集・追加」をタップしてどんどん追加していきましょう。

自分がどのお薬でどんな副作用が出たか、いま何を飲んでいるのかは、服薬指導を行う調剤薬局にとって重要な情報です。飲み合わせの確認もありますから、「お薬手帳」代わりにぜひ入れておきたいアプリです。