写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ブリティッシュ・エアウェイズ(以下、BA)は9月23日より、ロンドン・ヒースロー〜成都線を就航した。

○パンダのふるさとにちなんだデザイン

同路線の初便となったボーイング777-200には、パンダのふるさとである成都にちなみ、特別塗装としてパンダをデザイン。機体を正面から見ると、パンダが微笑んでいるように見える。

BAのウィリー・ウォルシュCEOは、「BAはロンドン・ヒースローと成都の直行便を運行する唯一のキャリアであり、この新たなルートがイギリス〜成都間を移動するビジネスやレジャー客の両方に支持されると確信しています。また、イギリスと中国の間の貿易は今後も成長を続け、2015年までには100億ドルの価値になるでしょう。今回の新しいルートの開設は、北京と上海からBAの既存便に加えて、両国間のビジネスリンクの開発に重要な役割を担うと確信しています」とコメントしている。