ボッテガ・ヴェネタの世界最大店 ミラノ・サンタンドレア通りにオープン

写真拡大

 「BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)」が、ミラノの一等地サンタンドレア通りにブランド最大のブティックを出店した。2フロア合計でおよそ1,060平方メートルの店舗内にはウィメンズとメンズのウェアからレザーグッズ、ジュエリー、ホームコレクションまで全プロダクトを並べ、同店舗限定のアイテムも販売。新たな重要拠点として「メゾン」と位置づけ、「明るさ」をコンセプトにイタリアを本拠地とする「BOTTEGA VENETA」のアイデンティティをブティック全体で表現する。

ボッテガ・ヴェネタ初のメゾン出店の画像を拡大

 「BOTTEGA VENETA」の新ブティックはハイファッションが集まる地域の中心部に位置し、18世紀に建てられた歴史ある建造物内にオープン。1階はウィメンズとメンズのアイテムに特化し、2階にはファニチャーとジュエリーを展開するなど「BOTTEGA VENETA」のライフスタイルを提案する。インテリアはクリエイティブ・ディレクターTomas Maier(トーマス・マイヤー)のコンセプトに基づき、メンズエリアに様々な色合いのグレー、ウィメンズエリアにはニュートラルなベージュやペールピンクを使って空間全体を明るく演出。エントランス付近にはヴェネチアで作られた人工大理石(テラゾ)を使用して、明るいアジアーゴピンクやボッティチーノ、アラベスクレッド、ヴェローナホワイトで彩りを添えている。

 Tomas Maierは新ブティックの出店について、「これまでのBOTTEGA VENETAは製品のカテゴリを拡大し、またお客様のニーズを考えて一人ひとりに合わせたサービスを提供することで成長してきましたが、今回はショッピングにおける新しいアプローチやリテール部門の進化を形にしています」とコメント。社長兼CEOのマルコ・ビッザーリは、「世界各地により小規模なブティックを出店していくという戦略は今後も変わりませんが、ブランドの全てを詰め込んだ世界中で唯一のブティックを作るということも重要だと考えています」と発表している。