仲和成さん 1965年、福岡県生まれ。九州大学工学部卒業後、株式会社リクルート入社。1995年、INA生命保険株式会社(現・NKSJひまわり生命保険株式会社)入社。初代エグゼクティブライフカウンセラー認定。2003年ファイナンシャル・プランナーとして独立し、現在に至る。

写真拡大

家計を改善するべく生命保険の見直しを考えている人も多いだろう。だが、「保険を見直したら、必要な保障まで削られたうえ、支払総額が大幅に増えた」などという泣きっ面に蜂なケースもなくはない。そんな目にあわないためにも『いかさま生保マン』を見分けることが大切だ。カリスマFPのFPブレーンコンサルティング、仲和成さんにいかさま生保マンの見分け方をレクチャーしてもらった。

●第1回 「保険料を下げて預金に回す」は大間違い!
●第2回 「保険料の安い掛け捨てでいい」は本当か?
●第3回 生命保険の理想型は終身保険をベースにした「5階建て」!
●第4回 終身死亡保険はこう選びなさい!
●第5回 医療保険は「終身タイプ」が基本だ!
●第6回 見直し時の生命保険の裏技的活用術

いかさま生保マンに気をつけろ!

 「残念ながら、保険の世界にはお客様のためにならない保険を売る『いかさま生保マン・生保レディー』が大勢いるのです」

 仲さんは、こう憤る。

 そもそも生命保険は商品設計が巧みで、わかりにくい構造になっている。加入者にとっては保険料と支払総額が安く、解約返戻金が多いほうが利益になるものの、「加入者にとっていい商品ほど販売停止になる」(仲さん)という。

 「お客様にとっていい商品は、保険会社にとっては利益率の悪い商品です。代わりに出てくるのは、以前よりも条件が悪いことを巧みに隠した、保険会社の利益率の高い商品です」

 それ以上に問題を抱えているのが、生命保険を売る人間だと仲さんは強調する。

 「お客様から言われるままに安い保険を紹介する『御用聞きタイプ』や、『そろそろ保険を見直す時期です』と違う保険に掛け替えさせて初年度にもらえる高い手数料を稼ぐ『保険ころがしタイプ』、外資系保険会社の営業マンの得意技でもある『高い保険売りつけタイプ』、保険会社から生保マン・生保レディに支払われる手数料が高くなるキャンペーン期間の集中販売に群がる『手数料稼ぎタイプ』、古い保険を下取りして新しい保険に替えようと誘い、内容の悪い保険を売る『保険下取りタイプ』などの『いかさま生保マン・生保レディ』が大勢いるのです」

 もちろん、誰もが好きこのんでこうした営業をしているわけではない。「営業ノルマを達成するために、仕方なく『真の顧客主義』を手放さなければならないこともあるだろう」と仲さんは指摘する。

 「周りが『いかさま』ばかりだから、本気で『お客様のため』を考える人間力のある営業マンは、自ずと成績が伸びるのです」

 保険を選ぶ、あるいは見直す際には、いかさま生保マンではなく、「真の顧客主義」を貫く営業マンにサポートして欲しいものだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)