『ハンナ・アーレント』 ©2012 Heimatfilm GmbH+Co KG, Amour Fou Luxembourg sarl,MACT Productions SA ,Metro Communicationsltd.

写真拡大

哲学者ハンナ・アーレントの実話をもとにした映画『ハンナ・アーレント』が、10月26日から東京・神保町の岩波ホールほか全国で順次公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、ドイツ系ユダヤ人のアーレントの波乱に満ちた人生を描いた作品。学生時代に哲学者ハイデガーと親交を結び、フッサールやヤスパースに学んだアーレントは、ナチス政権下のドイツからアメリカに亡命。1960年代初頭にはユダヤ人強制収容の指揮をとったアドルフ・アイヒマンの裁判レポートを発表して国際的な議論を巻き起こすなど、常に批判に晒されながらも悪や暴力、愛などについて問い続けた。

監督は『鉛の時代』で『ベネチア国際映画祭』金獅子賞に輝いたマルガレーテ・フォン・トロッタ。アーレント役を演じたのは、フォン・トロッタ監督の『鉛の時代』で『ベネチア国際映画祭』で最優秀主演女優賞、『ローザ・ルクセンブルク』で『カンヌ国際映画祭』で最優秀主演女優賞を獲得したバルバラ・スコヴァ。