伊藤智仁

写真拡大



先ごろ発表された、「最強だと思う平成のプロ野球投手ランキング」という記事。

ネット投票にて、

1位 ダルビッシュ有
2位 田中将大
3位 野茂英雄
4位 松坂大輔
5位 桑田真澄
6位 斎藤雅樹
7位 斉藤和巳
8位 佐々木主浩
9位 藤川球児
10位 山本昌
11位 工藤公康
12位 上原浩治
13位 岩隈久志
14位 岩瀬仁紀
15位 西口文也
16位 杉内俊哉
17位 三浦大輔
18位 槙原寛己
19位 川上憲伸
20位 その他

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17323票
投票期間:2013/8/10〜8/24


という結果になった模様。

この記事をもとに『2ちゃんねる』でスレッドが立てられにぎわっているのだが、その中で「ヤクルトスワローズの伊藤智仁がなぜいない!」との声が多数あがっている。

テレビ朝日の『マツコ&有吉の怒り新党』でもとりあげられた伝説のピッチャーで、現在はヤクルトのコーチを務めている伊藤智仁。一年目の1993年からストレートと高速スライダーを武器に活躍したが、野村監督による酷使がたたって7月にひじ痛を発症。前半戦しか投げてないにもかかわらず7勝をあげ、防御率は0.91ととんでもない数字で新人王に輝く。1994年と1995年は登板なしで1996年に復帰。1997年以降抑えにまわったりしてかなりの成績を残すのだが、やはり故障のため選手生命は短かった。一年目にもう少し大切に使われていれば……と思わずにはいられない。

通算成績は37勝27敗であるが、1993年の凄さを知る野球ファンは「平成の投手ランキング」なのに20位以内に入らないのに納得がいかない者も多いようだ。また、中日の今中慎二投手も入るべきとの声も多い。そして、それに異を唱える人たちもいて、議論は白熱しているようである。
(敬称略)

※画像は『東京ヤクルトスワローズ』のサイトより引用