余り素材で作ったロゼット付きフライターグ パスザバトンで販売

写真拡大

 表参道の「PASS THE BATON(パス ザ バトン)」で、設立20周年を迎える「FREITAG(フライターグ)」の製作工程時に残るターポリン素材を使用したロゼット付きサンプルバッグのエキシビジョンが開催される。勲章や徽章といった「称えるカタチ」をハンドメイドで制作するブランド「WHYTROPHY(ワイトロフィー)」が手がけた色とりどりのロゼットが登場する。会期は9月26日から10月27日まで。

フライターグからロゼット付きサンプルバッグの画像を拡大

 エキシビション「FREITAG 20th anniversary @ PASS THE BATON GALLERY」では、アクセサリーにすら使用できないほど使い尽くされたトラックタープで「WHYTROPHY」がロゼットを制作。カラフルなロゼットは、作家やジャーナリストにインスパイアされた「FREITAG」レファレンスラインのサンプルバッグに取り付けて、それぞれ展示販売される。会場では創業者でありブランドオーナー、そしてデザイナーのマーカス&ダニエル・フライターグ兄弟の私物もストーリーと共に出品され、また約40のバイクメッセンジャーにインスピレーションを得たファンダメンタルラインがこれまで以上の取り扱い数で展開されるという。

■'FREITAG 20th anniversary' @ PASS THE BATON GALLERY
 会期:2013年9月26日(木)〜10月27日(日)
 場所:PASS THE BATON OMOTESANDO
    渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F
 TEL:03-6447-0707
 営業時間:11:00〜21:00(日・祝 11:00〜20:00)
 http://www.pass-the-baton.com/