写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天グループの楽天生命保険は24日、スマートフォン・タブレットからの保険申込み受付を開始した。第一段階として、iOS版をリリースし、Android版も近日対応予定としている。

これにより、商品選び・保険料試算・申込みを、パソコン・スマートフォン・タブレットのいずれからでも利用できるようになる。顧客は、場所にとらわれず気軽に楽天生命の商品を申込むことができるとしている。なお、パソコン以外からの申込みには楽天会員IDが必要。

楽天生命では、6月時点でのウェブサイト訪問者におけるスマートフォンおよびタブレットユーザーの割合が14%を超え、さらなる増加が予想されるため、それら端末に向けた機能を継続的に強化してきたという。まず7月にはネット向け保険商品すべて(定期保険 楽天生命ラブ、医療保険 楽天生命スマート、ピンポイント、ロング)の説明ページや、年齢・性別にあわせた月払保険料の試算、郵送による資料請求などの機能を、スマートフォン向けに最適化した。

このたびの対応により、商品選びから保険料試算、申込みまでの手続きがスマートフォンから利用できるようになる。また、通院歴や治療後の状態、妊娠している場合の週数など、いわゆる「健康状態に関する告知」の詳細な情報もスマートフォンに最適化した画面で入力できるようになる。なお、iPadなどのタブレットからは、パソコン向けと同様のページでこれら機能を利用できるという。

楽天生命は、これからも顧客の利便性向上を目指し、サービスの追加を順次実施していくとしている。

(金野和子)