写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの大ヒット食玩『FW GUNDAM CONVERGE』の復刻機体を決める投票企画「FW GUNDAM CONVERGE OPERATION REVIVE(フュージョンワークス ガンダムコンバージ オペレーションリバイブ)」の結果が発表され、商品化される5種+新規造形1種のラインナップが明らかになった。

この投票企画は、同シリーズで商品化されたモビルスーツ(MS)68種類から「復刻して欲しい機体」をファン投票で決定し、その結果を受けて「5種」を復刻(=REVIVE)。2013年6月25日から2回にわたるWebでの投票、8月末の「キャラホビ 2013」会場で決戦投票が行われ、上位5種に同シリーズ未立体化の新規機体1種を加えて特別セットとして発売される。

投票結果は、1位:νガンダム、2位:百式、3位:ガンダムエクシア、4位:ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)、5位:ジェガン、そして新規造形機体はHi-νガンダムに決定。Hi-νガンダムは、「OPERATION REVIVE」だけのスペシャルアイテムとなり、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』をはじめ、多数のゲームに登場する人気機体が立体化されることになった。背部に備えるフィンファンネルを「FW GUNDAM CONVERGE」シリーズならではのデフォルメ感を活かして表現し、青と白を基調としたカラーリングも、美しく再現されている。

これらは、プレミアムパッケージ『FW GUNDAM CONVERGE OPERATION REVIVE(フュージョンワークス ガンダムコンバージ オペレーションリバイブ)』として2014年2月に発売され、現在バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて、3,675円で予約受付中。なお、プレミアムバンダイ限定版には、νガンダム用のWフィン・ファンネルバックパック、百式用のクレイ・バズーカ、ガンダムエクシア用のGNロングブレイド&GNショートブレイド、ユニコーンガンダム用ビーム・ガトリング、ジェガン用バズーカが付属する。

(C)創通・サンライズ

(C)創通・サンライズ・MBS