写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三陸鉄道と西武鉄道は29日、アニメイト池袋本店での「鉄道ダンシ"鉄道で恋"イベント」にて、西武鉄道の鉄道ダンシ「恋ヶ窪ジュン」のキャラクターデザインを発表する。

「鉄道ダンシ」は鉄道員をモチーフにしたイメージキャラクター。三陸鉄道では、同社社員という設定の「田野畑ユウ」「恋し浜レン」の2名のキャラクターを制作し、震災復興と地域活性化を目的に、各種広報などに活用している。

「恋ヶ窪ジュン」は、西武鉄道の国分寺線恋ヶ窪駅に勤務する駅員という設定のキャラクター。西武鉄道は、名前に「恋」が付く駅を持つ全国4つの鉄道会社(西武鉄道、JR北海道、三陸鉄道、智頭急行)が連携して行う地域活性化の取組み「恋駅プロジェクト」に参加しており、その一環として三陸鉄道の「鉄道ダンシ」にも参加。昨年末には、「恋ヶ窪」の苗字に続く下の名前と、基本となるキャラクターイラストの一般公募を実施し、今年4月にフルネームとイラストが決定した。

イベント内で発表されるのは、このとき選ばれたイラストをもとに、「田野畑ユウ」「恋し浜レン」をデザインしたイラストレーター、カズキヨネ氏がリデザインした公式ビジュアル。発表は11時からとなる。なお、会場のアニメイト池袋本店では、鉄道ダンシのグッズを特集する「鉄道ダンシフェア」が同時開催される。

(c)2012 SANRIKUTETSUDOU キャラクターイラスト : カズキヨネ

(佐々木康弘)