写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月1日で10周年を迎えるIC乗車券「ICOCA」のカードデザインが、同日からリニューアルされる。新しい「ICOCA」は、「ICOCA」キャラクター「カモノハシのイコちゃん」が描かれたデザインとなる。

近畿圏「ICOCA」エリアの9駅(京都駅、高槻駅、大阪駅、京橋駅、鶴橋駅、天王寺駅、新今宮駅、三ノ宮駅、神戸駅)と、岡山・広島「ICOCA」エリアの7駅(岡山駅、倉敷駅、福山駅、西条駅、広島駅、西広島駅、呉駅)にて、11月1日の営業開始とともに販売開始。各駅とも当面の間、「ICOCA」対応の券売機のみの発売。それ以外の駅やみどりの窓口などでも、現在のデザインカードがなくなり次第、順次新デザインカードを発売する。

なお、「ICOCA」10周年に先立ち、10月1〜31日の期間、JR西日本による「"10月は駅ナカでICOCA!"キャンペーン」を実施する。期間中に対象店舗にて、「ICOCA」で合計1,000円以上決済した人の中から、抽選で合計80名に日本旅行ギフト旅行券1万円分、またはカモノハシのイコちゃん10周年アニバーサリー懐中時計が当たるキャンペーンとなっている。キャンペーンへ参加するには、キャンペーンサイトから事前エントリーが必要。

応募の際、「ICOCA」決済1,000円ごとに1口としてカウントされるが、「SMART ICOCA」利用の場合には1,000円ごとに2口とカウントされ、当選確率が2倍に。期間中3,000円以上の利用で、100円ごとにJ-WESTポイント5ポイントがプレゼントされる特典もある。

(佐々木康弘)