写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都目黒区三田の東京都写真美術館 地下1階展示室で「写真新世紀 東京展 2013」が開催される。開催日時は10月26日〜11月17日まで。

○2013年度の受賞作品や、昨年度のグランプリ受賞者の作品を展示

同展では、新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト「写真新世紀」の2013年度(第36回公募)優秀賞および、佳作受賞者の受賞作品を展示する。期間中は、2012年度(第35回公募)グランプリ受賞者、原田要介さんの新作個展「見るになる」も同時開催。10月26日には、受賞者が自分の作品紹介や制作意図を語るトークショーを実施する。

また、11月8日には2013年度のグランプリを選出する公開審査会を開催。グランプリ候補の優秀賞受賞者5名による作品プレゼンテーションや、審査員との質疑応答によりグランプリを決定するという。

なお、「写真新世紀」はキヤノンが1991年にスタートした文化支援プロジェクト。新人写真家の登竜門として認知されており、これまでの応募者総数は21,439名(組)におよぶとのこと。

(OFFICE-SANGA)