写真提供:マイナビニュース

写真拡大

現在お使いのLINEアカウント。機種変更時に正しく設定していなければ、LINEのアカウントは消えてしまいます。

機種変後、新しいアカウントで一度認証してしまうと、前の端末で使っていたLINEのアカウントを復元することはできなくなります。消えてしまった情報は取り戻せないため、事前に登録しておく必要があります。

「機種変したらLINEアカウント消えた!再度登録して〜」という投稿はあちこちで見かけます。そうならないための設定を説明しましょう。

○メールアドレスかFacebookアカウントを登録しよう

LINEでは、電話番号が同じだけでは認識してくれません。電話番号は、利用しなくなると他の人に引き継がれる仕組みです。そこで、電話番号が同じだけでは本人かどうか分からず、同一人物と認識してもらえないのです。

メールアドレスかFacebookアカウントを登録することで、機種変しても認証してもらえるようになります。

LINEアプリを起動しましょう。「その他」→「設定」→「アカウント」→「メールアドレス登録」でメールアドレスが登録できます。メールアドレスを変更する場合も、この同じ画面でできます。

同様に、「その他」→「設定」→「アカウント」→「Facebook 連携する」で、Facebookアカウントの登録ができます。

機種変更後は、メールアドレス登録、Facebookアカウント認証ともにインストールした「LINE」アプリを起動後に、「LINEユーザーログイン」をタップ。以後、メールアドレス登録の場合は、登録したメールアドレスとパスワードを入力して、番号認証やアドレス帳の使用などのステップを任意で行います。Facebookアカウント認証の場合は「LINEユーザーログイン」後に「Facebookでログイン」をタップし、アカウントとパスワードを入力して、その後の設定は任意で行い認証を完了させます。

機種変時だけでなく、故障や水没でもLINEのアカウントは消える場合があります。機種変しない場合でも、LINE利用者は今すぐ登録しておくといいですよ。なお、機種変にともなって、過去のトーク履歴を保存したい場合には、こちらをご覧ください。

(高橋暁子)