メガバンクの高額なATM手数料は無料化できる!クリックで

写真拡大

 三菱東京UFJ銀行がATM利用手数料の大幅な改定を発表した。手数料の改定は12月20日からで、そのポイントは次の2点だ。

 1点目は現在無料のコンビニATMの平日昼間(午前8時45分〜午後6時)の手数料が、1回105円に有料化される(平日時間外と休日は105円から210円に値上げ)。

 2点目は、逆に今まで有料だった自行ATMの平日の午後6時から午後9時までと、休日・祝日の手数料も無料にする。さらに自行ATMの稼働時間は全て午前7時から深夜0時までに延長される。

 この改定は、見る人によって「改善」なのか「改悪」なのか違ってくる。

 支店や駅構内などに設置された銀行直営のATMコーナーしか利用しない人にとっては、無料時間および稼働時間の延長は歓迎すべき改善だ。

 一方、最寄りの駅前に三菱東京UFJ銀行の支店やATMコーナーがない場合、特に行動半径の狭い退職者や主婦、支店のない地方や郊外の居住者にとっては手痛い改悪だ。

100万円の利息は2回の引き出しで消滅

 人数的には圧倒的に改悪と感じる人が多そうだ。というのも手数料の改定の背景にあるのが、コンビニATMを利用する人が増えすぎたこと。

 都銀で唯一、平日昼間ならコンビニATMの手数料が無料になることを理由に、三菱東京UFJ銀行をメイン口座にする人が増加した。だが、それに伴い銀行が支払うATM代行の手数料が巨額化していたのが、今回の改定の動機と見られている。

 とはいえ全国に約4万1000台設置されたコンビニATMで気軽に出金するという行動形態はすっかり定着。今後も利用者はついつい気軽に利用してしまいそうだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)