旬の食材を楽しめる

写真拡大

小田急百貨店は2013年9月25日から10月8日まで、東京の新宿店で「秋の北海道大収穫祭」を開催する。1週間で一部出店者を入れ替え、2週間で計約80社が登場する今回は、「旭川・富良野」を特集する。

直送の旬の農産物販売も

本館11階催物場で、道外初出品を含むご当地グルメを紹介するほか、小田急限定メニューを8種類展開し、北海道直送の旬の農産物の販売も行う。

「喫茶ふるちゃん」(9月25日から10月1日)は、北海道ご当地バーガーグランプリ入賞を果たした「元祖かみふらのベーコンレタスバーガー」(952円)を販売する。富良野産の小麦を使ったバンズに新鮮な野菜、上富良野産豚100%のハンバーグをはさんだ道外初登場のご当地バーガーだ。

会場限定オリジナルメニューである、「函館らーめん六花(りか)」(1週目)の「さんま節 秋華塩ラーメン」(997円、各日限定100杯)は、さんま節の風味とたまねぎの甘みが絡み合ったスープに、ズワイかに脚、毛ガニほぐし身、かぼちゃ、トマト、コーン、水菜などをトッピングしたすっきり味の塩ラーメン。

また、「白い恋人」を製造する「石屋製菓」(2週間)は、富良野のメロンをたっぷりと使った「メロンロールケーキ」(735円)を各日限定70本で販売する。