あまちゃん組2人のイメージ崩壊、女王様の片桐「海女のスーツと似て…」。

写真拡大

9月24日、東京・新宿ミラノ座1にて、松本人志監督最新作「R100」の完成披露試写会が開催。松本監督をはじめ、大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、前田吟、YOU、西本晴紀、松尾スズキ、渡部篤郎が登壇した。

主演を務めた大森は「こんなにすごい規模だとは思ってなかったんでビックリしてます」と会場を見渡しながら、「『R100』は松本監督の頭の中で、その中に片山という人間を住まわせることに一生懸命演じました。みなさんがいまから僕のあられもない姿を観るかと思うと……心が痛むのですが(笑)。ひとまず楽しんでいただければ嬉しいです」と挨拶。“あられもない部分”について、オファーの段階で「60%くらいの脚本を読ませていただいていたので、承知の上で引き受けました」と答えると、すかさず松本監督が「7割ですかね」とコメント。残りの3割は現場で伝えられたそうで、「若干の躊躇は撮影前日まであったんですけど、なんとか乗り越えました」と振り返った。

女王様役を演じた大地は作品を観て「とにかくいろんな意味で面白い映画だなと思いました」とニッコリ。「新しい、それでいて懐かしさも感じたりする作品で。私としては挑戦させていただいたんですけど、“やらされた”というより“やってしまった”という感じ。この作品に参加できてとても嬉しいです。みなさんの反応が早く訊きたいです」と、これから観る人たちへメッセージを贈った。

同じく、女王様役を演じた寺島は「台本を読んだときは、正直言ってなんにもわからなかったんです。けれど、みなさんの力で計り知れない映画になっていると思います」と挨拶。作中でボンテージ姿を披露している寺島、本試写会には、松本監督の大ファンだという夫が来場しているそうで、「観終わって家へ帰って、(夫に)やってくれって言われたらどうしよう。どういう感想を持つのかなって」とためらいがちに話すと、「寺島さん、現場で鞭をしばらく離さなかったですもんね。何個かなくなったとの噂も聞きましたよ〜」と敢えて茶化す松本監督。初めて一緒に仕事をしたという2人だが、「勝負しているような現場というか。自分の力量がどこまで通じるのかと、久しぶりにブルブルした現場でした」と話す寺島だった。

謎の男・岸谷を演じた渡部は「一言で言うと? 大森がまあまあって感じかな。うそうそ(笑)」と語り、監督から「どうしたんですか?」とツッコまれる。そんな渡部の役柄について、「この映画でいちばんおいしい役」と監督。オファーの経緯については「やってくれるかなぁと思って声をかけたら、ほんまに出てもらえたので、スタッフ全員、ビックリした」と振り返った。

「あらゆる意味で、危険な映画だなと思いました」と切り出したのは、支配人を演じた松尾。「観ている人の価値観を揺さぶることに危険を覚えるんですけど、その芯をついている感じがいいんですね。僕としては『あまちゃん』でせっかく築いた、いいマスターのイメージが壊れてしまうのが残念というか。小気味よく壊れていくんですよねぇ」と語ると、監督は大笑いだ。演出家としても活動する松尾。「演出家として観ても、危険。女王様演じる渡辺直美さんが、画面の左側に頻繁に出てくるんですよ。あの想像を超えた出方に、危険を感じました。これ、知ってると余計に危険ですよ」と、これから観る人たちにアピールした。

「本作が10年ぶりの映画出演となった冨永は、「よくわからない映画。観る方によって、考え方や感じ方も違う作品です」と感想。演じた女王様については「普段やらないことなので、どのように見えるのかなと思っています」と語った。

同じく女王様を演じた片桐は、「監督の映画は、海外で上映を楽しみにしていらっしゃる方も多いと聞くので、海外の人たちが“日本に行ったら、こういう女王様がいるんじゃないかな”という感じで演じました」と挨拶。「片桐さんは撮影中、たびたび“私の役はどういう役なんですか?”と訊いてきて。答えようがなかったけど、すごく重要な役やったんですよ」と説き伏せるように語りかける松本監督。松尾と同じく、朝ドラ「あまちゃん」に出演していたとあって、司会から「イメージは大丈夫ですか?」と訊かれると、「まぁ、海女のスウェットスーツとは似たような感じも……」と返答。すぐさま「海女に謝ってください!」と松尾にツッコまれていた。