被害者住所を被告側に開示し処分

ざっくり言うと

  • 大阪地検は24日、30代の男性事務官を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした
  • 被害者が開示しないよう求めていた証拠書類を、被告側に開示するなどしたのが理由
  • 書類の一部は被告の手元に渡っていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング