なでしこジャパンの2013年最後の国際親善試合はナイジェリアとの2連戦。その第1戦が長崎で行なわれ、36分に大儀見優季のゴールで先制すると、53分には川澄奈穂美が追加点を奪う展開。時折ピンチを招くも2−0でなでしこジャパンが完勝した。

 意外にも初の組み合わせとなったのが3カ月ぶりに代表復帰を果たした澤穂希と、キャプテンを務めた宮間あやのボランチペア。終始互いのポジションを意識している様子がうかがえた。宮間がゲームメイクをしている際にはしっかりと後ろを固める澤。幾度となく渾身のスライディングでピンチの芽を摘んだ。そしてチャンスを見出せば前線でゴールをうかがう。

 蒸し暑さがぶり返した長崎はキックオフの19時の段階で28.6℃、湿度73%のコンディション。その中でアップダウンを繰り返しながら、澤は途中交代することなく90分間を走り抜いた。この過酷な条件下でのフル出場と、その貢献度は大きなアピールとなったはずだ。澤のみならず、一度引き際を考えていたアスリートが、再び世界を見据えることは、並み大抵のことではない。

 ところが、"もう一度世界の強豪と戦ってみたい"と、意を決して代表復帰(6月20日のニュージーランド戦)してみれば、左足付け根痛で戦線を離脱。主軸を担うなら連戦でもコンスタントにプレイできるフィジカルを備えることが大前提と思い知らされた。

 これまでなでしこジャパンを率いてきた澤ですら、日の丸を背負ったピッチに指定席はない。未知の域に踏み出さんとする澤を見極めようとする周囲の空気も感じている。これまでのようにその背中で示すことができなければ、彼女が誇りに思ってきた日の丸を胸につけることは叶わない。常に心に言い聞かせていても、ここまで実感することはあっただろうか。

 それでも澤は「楽しい90分間だった」と、この一戦を振り返った。代表出場最年長記録を更新中の35歳の澤が、新チーム作りの席取りへその身を投じるために必要だったひとつは明確な目標だった。試合後、澤は「ワールドカップ(2015年・カナダ)に行くことを目標にやっていきたい」と晴れやかな表情で公言した。

 相棒を務めた宮間も、3連覇を逃した東アジアカップでの苦い思いから「まずは自分から変わる」と、自他共に一切の妥協を許さない、これまで以上に強い姿勢で臨んだ。澤とのバランスを見ながら、大儀見の先制点をアシスト。宮間―大儀見のホットラインは今や最大のなでしこの得点源となっている。

「このコンビネーションは世界のどこのチームと戦っても破らせないものにしたい」と宮間。そのためには宮間が最高のラストパスを出せる状況になければならない。この日のナイジェリアはプレスも甘く、足は早々に止まり始めた。宮間は自由にプレイをさせてもらえたが、すべて承知の上で「この展開だからこそすべきチャレンジ」(宮間)をタイミングを見極めながら的確に散りばめた。ここが東アジアカップと大きく異なる点だ。

 そしてようやく若い力も芽吹き始めた。センターバックに大抜擢された三宅史織だ。JFAアカデミー福島で学ぶ一方、この夏、特別指定選手として強豪軍団であるINAC神戸レオネッサでプレイする17歳。立ち上がりこそ緊張の色が濃かったが、その安定感と積極性を兼ね備えた守備でナイジェリアをねじ伏せた三宅。しかし、昨年のU-17女子ワールドカップでは、初めての世界大会の緊張で自分のプレイを貫けず、自らの未熟さを痛感した。あの悔し涙から1年、三宅は大きく成長した。

 59分のワンシーン。ナイジェリアの1トップである182cmの長身ウチェチ・サンデーの突破を阻止した三宅。そのこぼれ球を追うサンデーに再びスライディングで対抗、ラインを割りかけたボールを身体を目一杯使ってキープすると、すぐさま前線のフィードにつなげた。一切の"迷い"も、その場限りの"逃げ"も見せなかったその一連のプレイは若い蕾(つぼみ)の大いなる可能性を感じさせた。本人は「ミスもあったし、まだまだ」としながらも、「無失点は自信になった」と手応えを口にする。

 その三宅をすぐ隣でケアしていたのがもう一人の復帰組、近賀ゆかりだった。昨年の皇后杯で右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷を負い、下された診断は全治6カ月。厳しいリハビリの末に、ようやくなでしこのピッチに戻ってきた。立ち上がり8分、近賀はいきなりオーバーラップで見せ場を作ると、その2分後にも再び右サイドを切り裂いた。大ケガを感じさせない強気な姿は、絶大な信頼を勝ち取るに十分。試合終了後には宮間、川澄らから「おかえりー!!」と給水用ドリンクで熱い歓迎を受けていた。

 復帰やデビュー、チーム再構築に、戦力の融合......あらゆる要素が見て取れた第1戦。快勝には違いないが、選手層が厚くなったと喜ぶのは時期尚早だ。ナイジェリアのオコン・エデム監督は自チームのコンディションに問題はないとしたが、試合の前々日に来日した選手たちの調整不足は明らか。マンツーマンで対抗してきたナイジェリアのプレスをかいくぐるのは難しくなかった。となれば、2−0という結果は決して満足できるものではない。それでも東アジアカップで、方向性と自信を失いかけていたなでしこジャパンにとって、無失点での勝利は必要なものだった。

 ナイジェリアとの2連戦(第2戦は9月26日/千葉フクダ電子アリーナ)で佐々木則夫監督は、キャプテンの宮間、エースの大儀見、左右サイドをこなす川澄の3人以外は、選手を入れ替え、あえて"長崎組"と"千葉組"の競争意識を煽っている。しかし、確実にコンディションが上がってくるナイジェリアに対し、"千葉組"は宮間らの移動を待って、わずか三日間でチームを構築しなければならない。限られた時間で、新しい戦力をどう積み上げていくのか。第2戦での新発見を期待したい。

早草紀子●文 text by Hayakusa Noriko