第30回:把瑠都

9月場所が始まる直前、
把瑠都の引退が突然発表された。
彼の強さを常に公言していた横綱は、
一報を受けて、何を思ったのか――。

 大相撲秋場所(9月場所)が始まりました。今場所は、8月にジャカルタ(インドネシア)巡業などがあったため、初日(9月15日)を迎えたのがいつもより1週間ほど遅くなりましたが、多くのファンの方が国技館に足を運んでくれて、初日から大いに盛り上がっています。

 私にとっては4連覇のかかったこの場所。先場所で綱取りを逃した大関・稀勢の里の巻き返しなどが期待されますが、最大の注目は、やはり史上最短となる3場所で新入幕を果たした遠藤(東前頭13枚目)の動向でしょう。

 場所前に行なわれた横綱審議委員会稽古総見では、私も稽古相手に遠藤を指名。6番ほど相撲をとりました。勢いのある力士に対しては、自分自身の体を通して、その力を測っておきたい、という思いがあるからです。そして、実際に胸を合わせて、22歳の若手らしい"やる気"が十分に伝わってきました。

 ただし、幕内の力士は誰もが力を持っています。そう簡単に勝ち星を積み重ねられるものではありません。遠藤にとっては、厳しい状況に陥ることがあるかもしれませんが、将来が期待される力士ですから、そうした"壁"をひとつひとつ乗り越えていってもらいたいと思います。

 一方、秋場所直前には、寂しいニュースが飛び込んできました。「エストニアの怪人」と称された把瑠都が突然の引退を発表したのです。

 身長198cm、体重189kgという恵まれた体格で、大関を15場所務めた把瑠都。懐(ふところ)が深く、上半身の力がとても強かったため、いとも簡単に相手力士を振り回すことができました。それは、彼にしかできない技でした。

 そうした強引な取り口が裏目に出てしまったのか、数年前からヒザを痛めていたようで、なかなか思うように昇進できませんでした。大関昇進までにもかなりの時間を要し、大関になってからももたついて、結局期待された綱取りは実現しませんでした。

 力は十分にありました。私はあらゆる力士の取り口を研究していますが、「把瑠都が本気を出したらかなわない」という思いをいつも抱いていました。だからこそ、この連載コラム内でも、次期横綱候補には常に把瑠都の名前を挙げてきました。

 2012年に初優勝。それも遅過ぎるくらいでしたが、それからいざ綱取りというチャンスを迎えたときには、必ずや70代横綱に昇進するものと思っていました。私とは違う豪快なタイプの相撲を披露し、明るいキャラクターの把瑠都が横綱になれば、ふたりで新しい時代を築いていけるのではないか、という目論みもありましたが、夢は叶いませんでした。

 その要因は、ヒザの問題だけではなく、彼の「人柄の良さ」にもあったのではないか、と私は思っています。「ここ一番」という重要な一戦で、彼は"鬼"になりきれないんですよ。あの明るく、屈託のない笑顔を思い浮かべてもらえばわかるように、把瑠都は普段から自分のこと以上に他人のことを思いやる、本当に優しい性格の持ち主なんです。勝負師としては、あまりにも人が良過ぎたかもしれませんね。

 そんな把瑠都とは、いろいろなことについて語り合う間柄でもありました。柔和な表情とは裏腹に、一本筋の通った意見の持ち主だったからです。相撲界についても、自分なりのきちんとした考えを持っていて、その主張には私もかなりの影響を受けましたね。

 まだ28歳。引退してしまうのは本当に残念でなりませんが、彼ならば、力士とはまた違う立場で、相撲界のために力を尽くしてくれるのではないかと思っています。

 さて、話はガラッと変わって、先日、私が手掛けた本が出版されました。『横綱白鵬 試練の山を越えて はるかなる頂へ』(学研)という、子ども向けの本です。

 この本の出版にいたるきっかけは、2011年3月11日に起きた東日本大震災です。その日が26回目の誕生日だった私は、「自分が誰よりも率先して、被災地の支援をする力にならなければいけない」と強く決意して、できる限り被災地を訪れるようにしました。

 その際、私がいつも目の当たりにして、強く心を打たれたのは、子どもたちの元気さ、パワーでした。そうした子どもたちの明るさが未来の日本を作るんだ、と痛感した私は、力士会でも被災地の子どもたちを支援していこうと決めました。と同時に、未来ある子どもたちのために、少しでも役立つような本が作れればいいな、と思ったわけです。

 内容は、私の半生を振り返ったもので、生まれ育ったモンゴルの話から、日本に来て力士となり、横綱に昇進するまでの道のりを綴っています。今や、69代横綱として多くの優勝を積み重ねてきた私も、小さい頃はみなさんと同じように、迷ったり、親に甘えたりしていた、普通の子どもだったんです。そして、力士になってからもさまざまな苦労や失敗を重ねてきました。そんな紆余曲折あった人生とともに、そこで培ってきた自分なりのモノの考え方を紹介しています。そこから、子どもたちには夢や希望を持つことの大切さを知ってもらえればいいな、と思っています。

 本の出版イベントでは、会場に来てくれた子どもたちからも多くの質問を受けました。そのひとつに、こんなものがありました。
「強くなるには、どうしたらいいんですか?」

 私は、こう答えました。
「当たり前のことをやることです。同じことをやり続けるのはつらいけれど、小さな努力を積み重なることです」と。

 子どもたちにはちょっと難しかったかもしれません(笑)。でもいつか、その言葉の意味をわかってくれると、私は信じています。

武田葉月●文 text by Takeda Hazuki