大気中の微小粒子状物質が換気によって室内へ侵入するのを抑える!(図は、「外気汚染物質の捕集効果」)

写真拡大

パナソニックは、PM2.5への対応として高性能な微小粒子用フィルターを搭載した換気機器「エアテクトシリーズ」8機種を、2013年9月20日に発売した。

緑茶カテキン・バイオ除菌機能付き

健康意識から室内の快適環境への関心が高まるなか、また社会問題にもなっているPM2.5などの大気汚染物質が引き起こす健康被害が懸念されていることから、微小粒子用フィルターを搭載した換気機器を発売する。

給気側に微小粒子用フィルターを搭載し、大気中の微小粒子状物質が換気によって室内へ侵入するのを抑える。フィルター交換の目安は約1〜2年、しかもスーパーアレルバスター・緑茶カテキン・バイオ除菌機能付き。

天井裏に取り付けた換気ユニットとダクトで家全体を換気する「セントラル換気」から、既築住宅やリフォーム時に適した個別換気まで豊富なバリエーションで幅広いニーズに応えた。

希望小売価格は、1万8900円〜15万1515円。