『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

写真拡大

ジム・ジャームッシュ監督の新作映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』が、12月から東京・TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開される。

【もっと写真を見る】

映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『コーヒー&シガレッツ』『ブロークン・フラワーズ』などの作品で知られるジャームッシュ監督が、約7年間にわたって構想をあたためたという同作は、何世紀も愛し合っている吸血鬼カップルの運命を描いた作品。

アンダーグランドシーンで活動するミュージシャンでもある吸血鬼のアダム役を『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』のロキ役で注目を集めているイギリス人俳優のトム・ヒドルストンが演じるほか、アダムの恋人である吸血鬼のイヴ役をティルダ・スウィントン、破天荒な性格でアダムとイヴの運命を翻弄するイヴの妹エヴァ役をミア・ワシコウスカが演じる。