写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ほんまもんバル実行委員会は10月10日〜13日、地域飲食店イベント、第2回目「ほんまもんバル」を開催する。

○"ほんまもん"の名に恥じない「おいしくてオトク」なメニュー満載

同イベントは、大阪市営地下鉄・なんば駅周辺で、共通チケットにより複数の飲食店が利用可能なグルメイベント。昨年、"食い倒れの街"大阪で、「うまいもん探して、うまいもん食べて大阪を元気にしよう!」という目的を掲げ、心斎橋で1回目を実施、大きな反響を得たという。

今年は「道頓堀&水都DE SWEETS編」として、道頓堀川遊歩道「とんぼりリバーウォーク」での期間限定の特設屋台も利用できる「道頓堀周辺バル」に、「とんぼりリバークルーズ」「ホテルでのSWEETS」が加わり、昨年よりパワーアップ。「飲食4枚綴り+とんぼりリバークルーズ特別乗車券」チケットで、いろいろな店やとんぼりリバーウォーク屋台、参加ホテルのスイーツがハシゴできる。参加店舗は約100店。

実施期間は、10月10日〜13日(屋台もこの期間限定)。実施時間は、各参加施設・店舗により異なる。会場は、大阪府大阪市・なんば駅周辺の飲食店。チケットは、前売り券1冊:3,000円(飲食4枚綴り+特別乗船券1枚/5枚綴り)、当日券1冊:3,500円。チケット1枚で、1品とワンドリンクの特別メニューが購入可能。なお、特別乗船券は先着1,000名限定となる。チケットは「あとバル」として、25日まで参加店で使用可能。ホテルでのスイーツと木津卸売市場での使用は31日まで。その他、詳細は同イベントWebページを参照のこと。

(エボル)