写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ホテル阪急インターナショナルは10月1日、日本紅茶協会より「おいしい紅茶のお店」に認定されたティーラウンジ「パルテール」にて、紅茶を使った新作スイーツ「パフェ紅茶」を販売する。

○10層で構成された「パフェ紅茶」

日本紅茶協会認定「おいしい紅茶の店」は、全国から広く推薦を受けて認定した、紅茶が楽しめる店。2012年11月時点で、大阪府内での認定店舗はわずか21店舗となっている。

同商品の特徴は、紅茶のジュレをはじめ、紅茶風味のマロンクリームなど10層で構成していること。リキュールジュレ、紅茶のキャラメル風味の生クリーム、バニラアイス、それぞれの層を絡めて食べることで、紅茶本来のおいしさはもちろん、フレーバーティーやキャラメルティーミルクティーなど何通りもの味わいが楽しめる新感覚パフェとなっているという。

同時に珈琲の香り、味わいを生かした「パフェ珈琲」も販売する。料金は、各1,500円(サービス料・消費税込)。

販売場所は、ホテル阪急インターナショナル2階 ティーラウンジ「パルテール」(大阪府大阪市北区茶屋町19-19)。

(エボル)