写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アリタリア-イタリア航空は2014年4月より、定期便としてはアジア初となる「東京-ヴェネツィア間直行便」を就航開始する。

○イタリア周遊がより便利に

同社は日本とイタリアを直行便で結ぶ唯一の航空会社で、現在は東京-ローマ、東京-ミラノ、大阪-ローマの合計19便を運航している。2014年4月からは新たに、年間で1,200万人の観光客が訪れるヴェネツィアへの直行便就航を開始する。

さらに、東京-ヴェネツィア間の週2便だけでなく、東京-ミラノ間も日曜日発を増便し週5便となり、毎日北イタリアへノンストップでアクセスすることが可能になる。ヴェネツィア直行便により、街そのものが世界遺産になっている水の都ヴェネツィアのほか、山岳地帯ドロミーティ、パドヴァ、アキレイアヴィチェンツァ、フェッラーラ、ラヴェンナなどにアクセスが便利になる。

ヴェネツィア便運航予定は、成田12時25分発→ヴェネツィア18時05分着(水曜、金曜)、ヴェネツィア14時20分発→成田9時40分着(木曜、土曜)。

○往復航空券が当たるキャンペーンも

また、今回の就航を記念して、現在「恋するベニスキャンペーン」を行っている。メールアドレスの登録だけで、抽選で「東京-ヴェネツィア間直行便」往復航空券のほか、アリタリア特製グッズなどが当たる。キャンペーンは12月10日までで、キャンペーンサイトで詳細を公開している。

(フォルサ)