世界ランキングは1つ落として30位となった松山英樹(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、「ANAオープン」で18位タイに終わった松山英樹は前回から1つ順位を落として30位となった。同大会でツアー通算6勝目を挙げた小田孔明が158位、試合のなかった石川遼は146位となっている。
松山英樹の1打速報でANAオープンを振り返る
 FedExカッププレーオフシリーズ最終戦「ザ・ツアー選手権」を制して欧州勢初の年間王者に輝いたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は4位に浮上、1位はタイガー・ウッズ(米国)がキープした。
【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(13.22pt)
2位:アダム・スコット(9.25pt)
3位:フィル・ミケルソン(8.52pt)
4位:ヘンリック・ステンソン(8.23pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.78pt)
6位:ローリー・マキロイ(7.50pt)
7位:スティーブ・ストリッカー(6.88pt)
8位:マット・クーチャー(6.64pt)
9位:ブラント・スネデカー(6.27pt)
10位:ジェイソン・ダフナー(6.08pt)
30位:松山英樹(3.63pt)
102位:藤田寛之(1.59pt)
146位:石川遼(1.20pt)
158位:小田孔明(1.12pt)
174位:谷原秀人(1.04pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>