JR北 時速130キロ区間も異常放置

ざっくり言うと

  • JR北海道が97か所でレールの幅などに異常を確認しながら放置していた問題
  • 最高時速130キロの特急列車が走行する区間でも、レール異常を放置していた
  • 事態を重く見た国土交通省は、同社の安全体制の総点検に乗り出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング