ゆず史上初、シリーズ2作連続の主題歌担当となる/[c]2013 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

冨樫義博の人気コミックの劇場版アニメ第2弾『劇場版 HUNTER×HUNTER The LAST MISSION』の主題歌を、前作に続き、ゆずが担当することがわかった。

【写真を見る】“光と闇”をテーマにした『劇場版 HUNTER×HUNTER』第2弾は12月27日より全国公開/[c]POT(冨樫義博)1998年-2013年 [c]ハンター協会2013

「幽☆遊☆白書」などで知られる冨樫義弘の原作「HUNTER×HUNTER」は、怪物・財宝・遺跡など世界の謎を追い求める架空の職業ハンターを目指す少年たちの冒険の旅を描いた人気作。1998年より『週刊少年ジャンプ』で連載が始まり、これまでのコミックス累計発行部数は6400万部を突破している。その後、テレビアニメ化を経て、連載15周年となる2013年には劇場版第1弾『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影』が公開され、興行収入12億円のヒットをおさめた。

12月27日(金)に公開されるシリーズ第2弾では、原作では未だ明かされていないハンター協会の≪闇≫と、全ハンターを巻き込む大事件、最強の念の使い手であるハンター協会の会長・ネテロの過去が描かれる。

前作で、ゆずが手掛けた主題歌「REASON」は、「『HUNTER×HUNTER』の世界観と見事にマッチしていた」と好評で、多くのファンから主題歌としての再登板を望む声が続出。制作サイドがゆずにラブコールを送ったところ快諾を得たという。これまで数々のドラマや映画の主題歌を手掛けてきたゆずとしては初めてシリーズ2作連続で主題歌を務めることになる。

主題歌のタイトルは「表裏一体」。前作の主題歌でタッグを組んだゆずの北川悠仁・岩沢厚治とヒャダインこと前山田健一の三人が再結集し、三者共作が再び実現した。本作の脚本を読み込んだ彼らが、物語のテーマである"光と闇"に触発されて楽曲を制作。“光、影”、“陰と陽”、“二つの未来”など映画の世界観に深くリンクしたキーワードが、全編の歌詞に散りばめられている。

ゆずは、「劇場版の大きなテーマにもなっている“光と闇”に触発され、歌詞・メロディが浮かび、アニメと楽曲がタイトル通り“表裏一体”となりました。音楽と映像が共鳴し合い、より一層アニメの世界観を盛り上げていきたいと思います」とコメント。

また、「表裏一体」は前回同様、TVアニメ「HUNTER×HUNTER」のエンディングテーマとしても使用されることが決定している。【Movie Walker】