写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本語では「私は驚いた」「私は恥ずかしい」などと言えますが、英語では主語が能動態の形で感情を感じることはない、言い換えれば感情は外的要因によってもたらされる、と考えられているよう。したがって、「I'm surprised (at 〜)」「I'm worried (about 〜)」「I'm ashamed (of 〜)」「I'm afraid (of 〜)」という受動態の表現が多いようです(ashamed、afraidは、現存しないashame、afrayという動詞の過去分詞形が残ったものと言語学的に考えられています)。

英会話スクール通いが難しい方へ

24時間予約不要のオンライン英会話だから、続けられる。まずは無料体験。