写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントの中川翔子が22日、千葉県・幕張メッセで行われている「東京ゲームショウ 2013」に登場し、ニンテンドー3DS用ソフト『パズドラZ』の主題歌「さかさま世界」を初披露した。

『パズドラZ』は、「iOS」「Android」および「Kindle Fire」端末向けに展開されている大ヒットパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』に、壮大なストーリーや新要素を加わえた新規タイトルで、2013年12月12日に発売予定。その主題歌に起用された中川の「さかさま世界」は、8月に行われた『パズドラZ』緊急発表会で発表され、『パズドラ』の音楽を手がけたイトケンこと伊藤賢治氏の作曲、岩里祐穂氏の作詞という豪華制作陣も大きな話題となった。

「東京ゲームショウ 2013」ではトークショーも行われ、『パズドラZ』の山本大介プロデューサー、伊藤氏らとともに中川も登場。中川はレコーディングにあたり、はじめは女の子らしく爽やかに歌っていたが、途中で山本プロデューサーが見せてくれた、完成直後のオープニングアニメ映像を見て感動し「主人公のゼット君の溢れだす冒険心を表現しようと、元気いっぱい歌い直しました」というエピソードを語っていた。

また、伊藤氏は「まだみなさんにはオープニングアニメサイズの楽曲しか聞いてもらっていないですが、『さかさま世界』のタイトルのとおり、表と裏の"二面性"を表現しようというテーマのもと作曲したので、ぜひフルサイズでも聞いてもらいたいですね」と、楽曲のコンセプトも解説。フルサイズは、9月27日からスタートする中川の全国ライブツアー「混沌Z ツアー」にて初披露されるという。

なお、中川のニュー・シングル「さかさま世界」は、『パズドラZ』の発売日前日となる12月11日に決定。DVDが封入される初回生産限定盤Aと初回生産限定盤B、通常版の3形態で発売される。