爆竹が鳴り獅子舞が踊る!横浜中華街の「国慶節」を見に行こう!

写真拡大

異国気分が盛り上がる横浜中華街は、いつ行ってもワクワクする身近なスポットだけど、どうせならピンポイントで10月1日(火)の「国慶節(こっけいせつ)」に行くのがオススメ!


「国慶節」ってよく分からない、って人のために豆知識。中華人民共和国の成立を記念した慶祝行事なんだって。今年は64周年で、毎年獅子舞や爆竹、銅鑼が鳴り響くパレードが横浜中華街で行われる予定。イベント詳細を横浜華僑総会の方にお聞きしたところ・・・。

「昨年は残念ながら中止になってしまったパレードも、今年は大通りのみですが復活します。特にオススメは、神の使いである獅子5頭が中華街を練り歩く『慶祝獅子舞』です。獅子が舞いながらやって来て各店舗の軒先につるされた紅包(ホンパオ)という赤い祝儀袋をとり、福をもたらす舞を披露します。これは採青(サイチン)と呼ばれるもので、実は、獅子が街全体の店を回る光景は世界の華人街でも非常に珍しく、中国国内でもあまり目にすることはありません。なので、横浜中華街の採青はほかでは滅多に見ることができない貴重なものなのです。獅子は店の中まで入ってきますから、運がよければお食事中に獅子舞がすぐ目の前で見られるかもしれません。中華街ならではの秋のお祭りに、国慶節にちなんだスペシャルメニューやお得なサービスを用意しているお店も多いので、ぜひお越しくださり、お楽しみください」とのこと。

これはいつもよりかなりディープな雰囲気を味わえること請け合い! せっかくなら、獅子舞を見て、おいしい中華を食べて、関帝廟でお詣りをして、横浜中華街を“濃〜く”楽しんでみては?