20勝目を飾った横峯さくら!今後どのくらい勝つのか!(撮影:ALBA)

写真拡大

<マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日◇22日◇新南愛知カントリークラブ美浜コース(6,399ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」の最終日。トータル10アンダー首位タイからスタートした横峯さくらが7バーディ2ボギーの“67”をマークして逃げ切り優勝。この勝利により横峯は史上12人目となるツアー通算20勝、さらに史上3人目となる生涯獲得賞金9億円を突破するなど、横峯にとって「特別な1日」となった。

 最終日の横峯は前半から5つのバーディを奪い、ハーフターンした時点で2位に4打差をつけて独走態勢を築く。しかし10番パー4で3パットによる今大会初ボギーを喫すると、そのミスの影響からか12番パー5でも再び3パットのボギーを叩いてしまう。続く13番ではバーディを取り返したが、対照的に同組でプレーする藤本麻子は10番から4連続バーディ。独走態勢から一転、13番終了時点で藤本にトップに並ばれてしまう。
 しかし14番ホールで再び転機が訪れる。横峯のティショットは右に飛び出しラフへ。落ちどころによっては木が邪魔になりセカンドでグリーンを狙えない可能性もあったが、ボールはギャラリーの少女のヒザの上に止まっていた。
 これをゴルフ規則19-1aを適用して無罰でボールをドロップした横峯はセカンドをグリーン近くに運び、パーセーブに成功。この少女のヒザの上にボールが止まるという珍しい状況に直面し、さらにパーで乗り切れたことで横峯は自分を冷静に見つめることができたという。「そこでやっと自分が緊張してきてるって気づけたというか…緊張してると自覚できたので、そこからは自分のプレーをしようって気持ちを引き締めることができました」ギャラリーの少女が運んだ思わぬ幸運によって横峯は崩れかけたゴルフを立て直すことができたようだ。
 その後の横峯は藤本と1打差を保ったまま最終ホールへ。そこでセカンドを確実にグリーン奥めにオンさせた横峯に対し、藤本のボールはグリーン左のカラーへ。そしてプレーオフへの望みをかけた藤本のアプローチは無情にもカップをショートし、続くパーパットも外してしまい痛恨のボギー。一方、横峯はファーストパットを確実にカップに寄せてきっちりパー。手に汗握るシーソーゲームを逃げ切り、横峯が歓喜の勝利を手にした。
 横峯は昨年、苦しいシーズンを送り、プロ入り後初の未勝利に終わった。しかし今季の「サイバーエージェントレディス」で復活優勝を挙げ、そして今回の優勝によって節目となるツアー通算20勝に到達した。18勝目を挙げてから残り2勝を積み重ねるのに2年以上の期間を費やしたが、苦しい時期があったからこそ、今回の記録達成は横峯にとって大きな意義のあるものとなった。
 今大会の賞金を加算して横峯の賞金ランクは森田理香子に次ぐ2位に浮上、2009年以来の賞金女王獲得も視界に入ってきた。横峯自身は「今は調子がいいので、勝てる時に勝ちたいです。次の1勝が目標です」と賞金女王については言及しなかったが、ゴルフの状態が良いだけにこれから激化する賞金女王レースにおいて戦いの中心になるであろうことは想像に難くない。女子プロゴルフ界を代表するスター選手のさらなる活躍に期待したい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
横峯さくらが“ツアー通算20勝”に向けて首位タイで最終日へ!
首位タイの菊地絵理香、大躍進のカゲに“永久シード選手”の助言あり
松山英樹1打速報で「ANAオープン」最終日をプレーバック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング