<ライト級/5分3R>
カビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
パット・ヒーリー(米国/10位)

左ジャブを振るって前に出るヒーリー、下がって距離を取るヌルマゴメドフ。ヌルマゴメドフがフックとアッパーを振るい、距離を取り直す。左ジャブから前に出たヒーリーは、ボディストレートを放つ。前に出続けるヒーリーが右を打ち込み。ヌルマゴメドフは大きなフェイントから、ローを掴んで右を振るうも当たらない。思い切り左を振るうヌルマゴメドフ、これもかわしたヒーリーは、アッパーの圧力に負けずに前に出るも、ヌルマゴメドフは続いて2度に渡りフライングニーを放つ。

フックを振り回すヌルマゴメドフ、ヒーリーもアッパーからローを蹴り込む。蹴り足をキャッチし、パンチを振るうヌルマゴメドフだが、精度は決して高くない。対して左フックから右ボディストレートを入れたヒーリー。ヌルマゴメドフも左右のフックを返す。ヒーリーの右をヘッドスリップでかわすヌルマゴメドフは、再びフランイングニーを仕掛ける。残り30秒、前に出てきたヒーリーに組みつき、バックに回ったヌルマゴメドフは自ら距離を取りながら、すぐにダブルレッグへ。バックに回りヒーリーに金網に押し込むと、胸を合わされたところで右フックを思い切り打ち込んだ。

2R、打ち負けないヒーリー。右を打ち込んで前に出るが、ここでもヌルマゴメドフが組みついてバックに回り込み、後方から左のパンチを連打する。離れたヌルマゴメドフを追いかけるヒーリーは、左の目尻をカットし流血している。思い切り踏み込んで左フックを振るうヌルマゴメドフだが、ヒーリーのフックがヒット。左右のパンチを振り回して、前に出るヒーリーに対し、ヌルマゴメドフは組みついていくが、離れ際にヒーリーが右を打ち込む。

一瞬、バランスを崩しながらすぐに組んでバックに回るヌルマゴメドフは、ヒーリーの投げを耐えて崩れた姿勢でパンチを入れていく。パンチを受けながらも前に出るヒーリー、残り1分15秒でケージに押し込まれるも、ハイクラッチを切る。離れて頭を振り回しながら、右フックから組みついたヌルマゴメドフ。距離ができるとヒーリーは左右のフックを振るって前に出たところでダブルレッグダイブを合わされ、完全に背中をマットにつけた状態で2Rが終わった。

最終回、左から右を打ち込みテイクダウン狙いを切ったヒーリーが、右ボディストレートを放って前に出る。左ハイを見せたヌルマゴメドフは、ヒーリーのテイクダウン狙いをすかして左フックを入れる。直後にダブルレッグダイブを決めたヌルマゴメドフが、インサイドガードから左のパウンドを落す。頭を押すが、ヌルマゴメドフのパンチを抑えられないヒーリー。ヌルマゴメドフはハーフから重い左のパウンドを落す。ヒーリーの立ち上がり際にバックを取り、胸を合わすと、ヌルマゴメドフは肩に担いで違うフェンスの前まで走り込み、思い切りスラムを決める。

乱打戦のなかで、ハイライトリールに使用されそうなスラムを見せたヌルマゴメドフが、勢いを持続してパウンドを落す。ハーフから脇を差したヒーリーだが、ヌルマゴメドフは抜群のバランス感覚を誇り、バックに回り込む。ヒーリーはガードに戻るが、まさに虫の息状態でパンチを受け続け、最後までバックを取られた状態でケージに詰められ試合終了を迎えた。

抜群のスタミナと攻め続ける姿勢を見せ続け、カナダのファンから大きな声援を受けたヌルマゴメドフは、フルマークの判定勝ちを収め、「21連勝、UFCで5連勝。タイトルショットのチャンスを与えて欲しい」と訴えが、ジョー・ローガンは流して次の質問に移った……。