LVMHが英シューズブランド「ニコラス・カークウッド」を傘下に

写真拡大

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ(=以下LVMH)が9月20日、英シューズブランド「Nicholas Kirkwood(ニコラス・カークウッド)」と長期パートナーシップを締結することを発表した。株式の過半数を取得し、LVMHが培ってきたノウハウを提供する予定。取得株数は公表されていない。

LVMH ニコラス・カークウッドを傘下にの画像を拡大

 LVMHはパートナーシップを結ぶことで、産業面での成功で重要になる才能と独創性の育成を「Nicholas Kirkwood」に対し継続的に行っていくという。デザイナーのNicholas Kirkwoodは「デザイン、独創性、クラフツマンシップの面で同じ価値観を持つLVMHは、私達にとって最良のパートナーであると確信しています」とコメントを発表している。

 2004年にブランドを設立された「Nicholas Kirkwood」はイギリスのロンドンを拠点とするシューズブランドで、構築的なデザインのハイヒールで知られている。これまでBritish Fashion Awards(ブリティッシュ・ファッション・アワード)など様々な賞を受賞。現在全世界で150店舗の取り扱い店があり、ロンドンとニューヨーク、ラスベガスに直営店を構える。