専業主婦希望女子に悲報!今どき男子の7割以上が金銭的に自立した女性を求める―最新調査結果

写真拡大

「もう働くのもしんどくなってきたし、早く結婚して専業主婦になりたーいっ!」と婚活に力をいれているあなた! ちょっと待ってください。今ドキの男子は女性にもっと稼いでもらいたいと望んでいることが最新の調査で判明しました。

ドイツ人女性の10人に1人は読んでいるという女性誌『Brigitte(ブリギッテ)』の9月11日号で発表された最新の調査結果によると、「自活している女性を希望」する男性は54パーセント(2007年)から76パーセント(2012年)に増え、さらに「自分のパートナーにたくさんお金を稼いで欲しい」と答えた男性は、17パーセント(2007年)から45パーセント(2012年)の増えました。

「高収入の女性」を望む男性の数は過去5年間で2倍以上に増えたことになります。

大学を卒業しても就職できず、インターンをしてただ働き同然の新卒も珍しくない経済状況が往来の「一家の大黒柱」という男性の価値観を崩した結果ともいえます。

いかがでしたか? 将来結婚できず「夫もない、子供もない、仕事もないから自活する力もない」ような「ないないづくし」の状況に陥らないためにも、今から自分のキャリアを見直しませんか?

※ 当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:『Brigitte』2013年9月11日号
http://www.brigitte.de/producing/pdf/fads/BRIGITTE-Dossier-2013.pdf
http://www.brigitte.de/producing/pdf/fads/PM-2013.pdf