ファーストリテイリングがシリア難民への支援を決定した。グローバルパートナーシップを結んでいるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を通じて100万米ドルの寄付と、UNICEF(国連児童基金)を通じてシリア難民の子どもたちに、ヒートテックやウルトラライトダウンなどの防寒服約10万着を寄贈。また「UNIQLO(ユニクロ)」「g.u.(ジーユー)」でリサイクル回収した子ども服や防寒服をシリア難民に優先的に提供する。

ファーストリテイリングシリア難民支援への画像を拡大

 ファーストリテイリングは「高い倫理観を持った地球市民として行動する」という行動規範のもと、国際社会が抱える課題や地球環境保護に対し様々な支援を行っており、難民者が200万人(100万人以上が17歳以下)を超え、生活するには多大な支援が必要とされているシリア危機の現状を踏まえ今回の支援を決定。シェルター、水、食料、医療・衛生支援、法的保護活動などの資金となる予定の100万米ドルの寄付と、防寒服約10万着やリサイクル回収した子ども服や防寒服の寄贈が行われる。

 同社は昨年もヨルダンに逃れたシリア難民者に22万着の服を寄贈したほか、今年1月にはファーストリテイリングの社員が現地を訪問し、直接衣料を提供。また2006年から全商品リサイクル活動を開始しており、これまでにバングラデシュやケニア、リベリアなどの世界30ヶ国の難民、災害被災者の支援として、約720万着の服を届けている。