ティショットが曲がりラフからのショットが多かった小田孔明(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ANAオープン 3日目◇21日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「ANAオープン」の3日目。トータル10アンダー首位から出た小田孔明は、この日は2バーディ・1ボギーの71でラウンド。スコアを1つ伸ばしてトータル11アンダーで首位の座を守った。
松山英樹の1打速報で「ANAオープン」の3日目を振り返る!
 この日は昨日まで好調だったティショットが曲がってしまい「フェアウェイに3回ぐらいしかいってないんじゃないかな」と苦しいゴルフに。それでも前半でスコアを1つ伸ばすと、後半は「バーディパットは決まらなかったけど。パーパットは入ってくれました」とスコアカードどおりのプレー。「風が昨日と真逆で難しかった。疲れましたよ」と難しい風の中なんとかスコアを落とさずにホールアウトした。
 2位の藤田寛之とはわずかに1打差。しかし、「本当に1打でもリードしたいと考えていました。今までの優勝がすべて逃げ切りなので」と胸を撫で下ろした小田。過去の5勝すべてが首位、または首位タイからの逃げ切り優勝。自分の“勝ちパターン”になんとか持ち込むことができた。「このチャンスを逃すと、いつ優勝できるか分からないからね(笑)」。2011年の「ダイヤモンドカップ」以来となる6勝目へ、この久しぶりの勝機を手にしてみせる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
小田孔明が単独首位に!「2日目まではいいから(笑)」
片山晋呉、“熊の手”パワーで強風の中スコアを伸ばす!
ほんとに飛ぶかを検証!うわさの“SLDR”を試打!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング