20勝目に王手!賞金女王も見えてくる!(撮影:ALBA)

写真拡大

<マンシングウェアレディース東海クラシック 2日目◇21日◇新南愛知カントリークラブ美浜コース(6,399ヤード・パー72)>
 愛知県にある新南愛知CC美浜Cを舞台に開催中の国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」の2日目。初日トータル4アンダー8位タイと好位置につけた横峯さくらが6バーディノーボギーの“66”をマーク。トータル10アンダーまでスコアを伸ばし首位タイに浮上した。
LIVE PHOTEで2日目の試合を振り返る!
 「長いパットが入りました」この日の横峯はパッティングが好調。前半2つのバーディを奪って折り返すと、後半出だしの10番で6メートルのパットを沈めてバーディ奪取。さらに11番では10メートルのパットを決めて連続バーディとすると、さらに15番では6メートル、16番では7メートルと長い距離のバーディパットを次々に沈めてリーダーズボードの頂点まで駆け上がった。
 横峯はパッティングをショートすることが多いため、今大会では「しっかり打つこと」を意識してラウンドに臨んでいた。それでも初日のラウンドでは打ち切れずショートする場面も多かったが、この日はしっかりとしたタッチで打ち切り6つのバーディを量産した。
 さらにショットも好調。特にドライバーでは“200ヤード”の距離を打つイメージで全く力みのないスイングができているという。それによって今までと変わらない飛距離を保ったまま、方向性を高めることができているようだ。
 ショット・パット共に好調を維持する現在の横峯。本人も今季初勝利を挙げた「サイバーエージェントレディス」の時よりも良い状態にあると自信を覗かせる。またコースについても、「優勝経験があるし、相性は良いと思う」と話しており、今季2勝目に向けて好材料が揃っている。
 「久しぶりの優勝争いで緊張すると思うけど、その中でも自分のプレーができたら」今大会で優勝を果たせば、横峯にとって節目となるツアー通算20勝となる。さらに今大会の優勝賞金を加算すれば今季の獲得賞金は7000万円を超え、賞金女王レースを首位を独走する森田理香子の背中も見えてくる。2009年女王が頭角を現すのか。最終日のプレーの注目が集まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
首位タイの菊地絵理香、大躍進のカゲに“永久シード選手”の助言あり
横峯さくら、ホステス大会で好発進!「まずまずかな」
松山英樹1打速報で「ANAオープン」3日目を振り返る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング