<everyone Challenge 2日目◇21日◇ロイヤルメドウゴルフスタジアム(7,089ヤード・パー71)>
 石川遼が初めてプロデュースするトーナメント、JGTOチャレンジトーナメント「everyone Challenge」の2日目。初日首位に立った伊藤誠道はこの日も伸ばし通算10アンダーで単独首位に躍り出た。伊藤は前半4バーディ・ノーボギーでスコアを伸ばし単独首位に。後半入っても勢いは止まらず11、12番の連続ボギーで後続を引き離す。しかし、その後の13番と17番でボギーを叩きスコアを落とした。終盤に入って2つ落とし危なく後続に追いつかれそうになったものの単独首位をキープ、チャレンジトーナメント2勝目に王手をかけた。
 1打差の単独2位には簗瀬元気、通算8アンダー単独3位に沖野克文がつけた。通算7アンダー4位タイには石本高志、谷山優太、稲森佑貴ら6人が並んだ。
 初日首位タイに並んだ小島亮太は1つ落とし通算5アンダーで10位タイに後退した。
【2日目の結果】
1位:伊藤 誠道(-10)
2位:簗瀬 元気(-9)
3位:沖野 克文(-8)
4位T:岩本 高志(-7)
4位T:石丸 昌史(-7)
4位T:谷山 優太(-7)
4位T:ファン・ウェンイー(-7)
4位T:稲森 佑貴(-7)
4位T:富村 真治(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山はパットが決まらず12位タイに後退「もやもやしてます」
国内女子は「LIVEPHOTE」でチェックしてね!
松山英樹1打速報で「ANAオープン」3日目を振り返る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング