<ツアー選手権 2日目◇20日◇イースト・レイクGC(7,154ヤード・パー70)>
 FedExカッププレーオフ最終戦「ザ・ツアー選手権」の2日目。年間王者奪還を狙うポイントランキングトップのタイガー・ウッズ(米国)は、初日まさかの3オーバーの29位、最悪のスタートを切った。そして、巻き返しを狙い臨んだ2日目、13番までは5バーディ・ノーボギーの見事なプレーを見せ一気にアンダーバーにしたタイガー、そのまま上位進出となるかと思われた。しかし、14番から一変、悪夢の展開に。その14番でダブルボギー叩くと続く16番でボギー、17番ではトリプルボギー、終盤5ホールで6つ落とした。結局この日のタイガーは1オーバーでラウンド、通算4オーバー26位タイと浮上できないまま大会を折り返した。
 その不調のタイガーを尻目にポイントランキング2位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が単独首位という最高の位置につけている。初日ステンソンは“64”をマークし単独首位に躍り出ると2日目も隙のないゴルフで“66”でラウンド、通算10アンダーまで伸ばし単独首位を堅守した。2位とは4打差をつけ折り返したステンソン。年間王者へあと一歩のところまできた。
 初日単独2位につけたアダム・スコット(オーストラリア)は2日目もアンダーパーで回り、通算6アンダー単独2位をキープした。
 共に最終戦を優勝すれば無条件で年間王者となる。このまま2人のどちらかが年間王者の称号を手にするのか。もしくはほかの選手が出てくるのか。残り2日間、目が離せない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
タイガーまさかのブービースタート、ステンソンが首位発進!
松山英樹の1打速報「ANAオープン」3日目配信中!チェックしてね
ほんとに飛ぶかを検証!うわさの“SLDR”を試打!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング