<シーズン8ウェルター級T決勝/5分3R>
ドゥグラス・リマ(ブラジル)
Def.2R4分33秒by TKO
ベン・サンダース(米国)

サウスポーのサンダースが、まず左ハイを放つ。ローから右ストレートを見せるリマ。サンダースは再びハイを繰り出す。蹴りで距離を作るサンダースに対し、リマは右ストレート。ローが交錯すると、サンダースが右フックを狙うも空振りに。リマは前蹴りから左ジャブ、踏み込んで右ストレートを放つ。サンダースの前進に首相撲からヒザをリマが突き上げると、サンダースも首相撲へ。リマは距離を取り、ボディを打ち抜く。

リマの蹴り足を掴んだサンダースがケージに押し込んで細かいヒザを見せる。距離を取り直すと、リマは左フックから右ハイへ。ブロックの上からだが、勢いがあり観客席がざわめく。左ジャブを伸ばしたリマ、サンダースのローに距離を測りながら右ストレート、そして勢いのある右ミドルへ。サンダースの左ローに、軸足への右ローを見せたリマは、しっかりと対処し、右ハイから右ストレート、さらに左ストレートを2発見舞う。前に出て右フックを振るったサンダース、これは空振りに終わり、初回はリマが取ったか。

2R、遠い距離で右へ回り続けるサンダース。左ミドルを見せたサンダース、ここでマウスピースがないと試合が中断する。すぐに再開し、左回りから前に出始めたサンダースだが、左ジャブを顔面に被弾する。左フックから右アッパーを入れたリマは、ダウンしたサンダースにパウンド&エルボーを入れる。左目が一瞬にして、腫れあがり流血も見られるサンダースの三角を防がれ、ハーフガードに。左目が潰れたサンダースが潜るも、パンチを受ける。サンダースの足関節を逃れたリマがスタンドへ。サンダースも立ち上がり左ミドルを放つ。

間合いを取るリマ、下がりながらサンダースのジャブを誘い、カウンターを狙う。リマの右フックは空振りとなり、サンダースは左ミドルをヒット。左目だけでなく右目も傷だらけのサンダース、リマは左ボディから右ハイキック。見事な対角線コンビネーションが決まり、サンダースは起き上がれない。「サンダースはタフだった。1Rに拳をまたやってしまった」というリマがシーズン8ウェルター級トーナメントを制し、去就が気になる世界ウェルター級王者ベン・アスクレンへの挑戦権を手にした。