戸田恵梨香が有村架純に謝罪!?

写真拡大

戸田恵梨香×加瀬亮主演「SPEC」シリーズの続編で、完結編が『劇場版 SPEC 結 漸ノ篇』『劇場版 SPEC 結 爻ノ篇』の2部作として、11月1日(金)と29日(金)に連続公開される。本作の公開記念イベント「SPEC〜祭り〜」発表会見が9月21日に開催され、戸田恵梨香、有村架純、堤幸彦監督が登壇。戸田は「さらにパワーアップしたとてつもない作品になると思います」と、手応えを口にした。会場は、戸田が演じる主人公・当麻紗綾が、部類の餃子好きということで、日本中から選りすぐりの人気餃子店が集まったナンジャタウン餃子スタジアムとなった。

【写真を見る】「あまちゃん」のヤング春子で大ブレイクの有村架純。笑顔が実にチャーミング!

シリーズのメガホンを取ってきた堤監督は「代表作です」と堂々宣言し「今回はみなさんの予想を遥かに上回る出来になっています」と、自信をアピール。戸田も「最初は、ちょっと変わった刑事物という認識でしたが、とんでもない作品だったんだと感じていきました。そんな作品に携われたことを、誇りに思っています」と笑顔で語った。シリーズでおちゃめなパートを担当してきた有村も「素敵な役をやらせていただきました」と笑顔を見せた。

また、会見では、戸田が撮影オフの日に、手作り餃子を1000個作って差し入れたことも明らかに。「瀬文さん(加瀬亮)パートを続けて撮っていた時、2週間くらい休みがあって。何を差し入れに持っていけば喜ばれるかなと考え、当麻らしく餃子を作ろうかと。でも、1000個作らなければいけなくて、1週間くらい冷蔵庫が餃子くさくなりました」と苦笑い。有村は「その時、いなかった」と寂しげに言うと、戸田は「申し訳ございません!」と頭を下げ、会場は爆笑の渦となった。

警視庁公安部の特殊捜査官の当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)が、予知能力や念動力などの“SPEC”と呼ばれる特殊能力を持つ犯罪者に立ち向かう「SPEC」シリーズ。最終章では、大島優子や向井理ら豪華キャストも参加した。また、10月23日(水)には、連続ドラマの前日譚を描くスペシャルドラマ「 SPEC〜零〜」も放送予定だ。【取材・文/山崎伸子】