写真提供:マイナビニュース

写真拡大

都道府県の魅力度ランキングでは下位常連の茨城県。納豆以外に自慢がないように思われていたり、「チバラキ」と揶揄(やゆ)されたりと、何だか散々な感じもするが、地元の人たちはどう感じているのだろうか。今回はそんな茨城県の隠された魅力に迫るべく、茨城県出身のマイナビニュース会員19人に「茨城県の地元事情」を聞いてみた。

■茨城県の地元自慢

・「納豆が有名」(30歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「地味にアーティストが多い」(23歳男性/情報・IT/技術職)

・「魚がおいしい」(29歳男性/自動車関連/技術職)

・「日本3大瀑布の袋田の滝がある」(58歳男性/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「県南は都内に何気に近い」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「かぼちゃの絵のマンホールがある、もちろんかぼちゃがおいしい」(24歳女性/通信/クリエイティブ職)

・「毎年夏になると、ひたちなか市で音楽祭『ロック・イン・ジャパン・フェスティバル』があります!」(22歳男性/その他/その他)

・「海(大洗海岸など)もあり、山(筑波山)もあり、流域面積が日本一の川(利根川)もあり、日本で2番目に大きい湖(霞ヶ浦)もあり、実は環境がすごくいいところ」(31歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

■相性がいい・親しみを感じる都道府県は?

・「千葉県、すごく近い」(22歳女性/医療・福祉/専門職)

・「栃木県、近いし関東なのに田舎なところ」(29歳男性/電機/技術職)

・「栃木県、方言が似ている」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「福島県、高速道路がちゃんと整っているのでアクセスがしやすいなと思いますね」(22歳男性/その他/その他)

・「福島県、素朴な感じが好ましい」(26歳女性/情報・IT/技術職)

■ちょっと気になる・ライバル意識がある都道府県は?

・「栃木県、何かといちゃもんを付けてくるイメージ」(36歳男性/情報・IT/技術職)

・「栃木県、区別がつかない」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「栃木県よりは都会と思っている」(48歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「栃木県、なまりが似ているので」(30歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「栃木県と比較されやすく忘れられやすい県として扱われるのが悲しい」(24歳女性/通信/クリエイティブ職)

・「千葉県、東京都に近いからまさに関東だと思われる」(27歳男性/金融・証券/事務系専門職)

■絶対ここは外せないというスポットは?

・「筑波山、関東平野を一望できる」(26歳女性/情報・IT/技術職)

・「常陸海浜公園(国営ひたち海浜公園)」(48歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「アクアワールド茨城県大洗水族館、日本一サメの種類が多い」(24歳女性/運輸・倉庫/営業職)

・「美浦村、JRAのトレーニングセンターがあるから」(34歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「カシマサッカースタジアム」(44歳男性/電力・ガス・石油/営業職)

・「袋田の滝は地元なので特におすすめ、今はトンネルが通り観瀑台もできて一番上まで見えるようになっている」(58歳男性/ソフトウェア/クリエイティブ職)

■テッパン土産といえば?

・「納豆、これしかない」(22歳女性/医療・福祉/専門職)

・「納豆系のもの、納豆おかし、まんじゅう、その他もろもろ」(31歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「納豆チョコ、豆の一粒一粒にチョコがコーティングされてる」(24歳女性/運輸・倉庫/営業職)

・「日立の『モーター最中』」(49歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

・「乾燥芋、納豆、メロンです!」(22歳男性/その他/その他)

・「『吉原殿中(よしわらでんちゅう)』、できたてはおいしい」(26歳女性/情報・IT/技術職)

■総評

茨城県民の地元自慢は、やっぱり「納豆」。全国で販売されている納豆の半分以上が茨城県で生産されているらしい。「ミス納豆」や、水戸市では「水戸納豆早食い世界大会」も開かれているようだ。また、三浦春馬さんや栗山千明さん、永作博美さんなど美男美女を多く輩出していることや、「水戸黄門」や温暖な気候も自慢として挙げられた。

親しみを感じる都道府県第1位は「栃木県」。隣であり似ている点が多いこと、栃木県出身の漫才コンビ「U字工事」が茨城をネタにしてくれたことなどだった。「ちばらき」という合成語まである「千葉県」や、「茨木市」がある「大阪府」にも親しみを感じるという声が寄せられた。ライバル意識のある県も、1位はやっぱり「栃木県」。何かと比較されることが多く「公認のライバル」とのこと。また、「群馬県」「栃木県」とともに「北関東3県でどちらが一番か」競っているとの説も。切磋琢磨(せっさたくま)しあえる良い関係なのかもしれない。

おすすめスポットでは、つくば市の「筑波山」や、水戸市にある日本庭園「偕楽園」を推す声が。牛久市にある世界最大のブロンズ立像「牛久大仏」も、見応えがあっておすすめとのことだ。テッパン土産は、やっぱり「納豆」。「水戸天狗納豆」のほかにも、納豆を使ったまんじゅうやチョコなどお菓子系も多いのだとか。他にも、「梅羊羹」やメロンなど(茨城は全国一のメロン産地!)おいしそうなものばかり……。

そんな魅力満載に見える茨城県だが、観光名所やお土産に関する質問で「それが一番困る」「特にない」という自信なさげな回答も散見された。「魅力度が低いから……」などと言わずに、茨城県の素敵ポイントをどんどんPRしていってほしい!

調査時期: 2013年6月24日〜2013年6月30日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 茨城県出身19名

調査方法: インターネットログイン式アンケート

(アリウープ)