<ANAオープン 3日目◇21日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「ANAオープン」の3日目。全選手がハーフターンを終えた時点で、昨日単独首位で大会を折り返した小田孔明と3位の藤田寛之が通算11アンダーに伸ばし首位でハーフターンした。小田は2番でボギーを先行させるも7、8番で連続バーディで巻き返し首位をキープ。一方の藤田は前半4バーディ・1ボギーと3つ伸ばし、小田をとらえ首位に並んだ。初日からの調子をキープしている2人。このまま後半も伸ばして行けるか。
 3打差の通算8アンダー3位タイには、イ・キョフン(韓国)、リャン・ウェンチェン(中国)、キム・ヒョンソン(韓国)の外国勢3人がつけた。昨日単独2位につけた片山晋吾は3つボギーを叩くなど1バーディ・3ボギーで2つ落とし通算7アンダー6位タイに後退した。そのほかの6位タイグループには今野康晴、片岡大育、ソン・ヨンハン(韓国)の3人も並ぶ。
 5アンダー10位タイスタートの松山英樹は、1つ伸ばし通算6アンダーするも11位タイに後退した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
藤田寛之、悪い流れを断ち切り単独3位「連覇と言いたいところですが…」
松山英樹の1打速報「ANAオープン」3日目配信中!チェックしてね
ほんとに飛ぶかを検証!うわさの“SLDR”を試打!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング