トーソー(株)は、デザイン性を追求し、細部にまでこだわった新ブラインドとして、木製ブラインド「ベネウッドアイデア」及びバーチカルブラインド「デュアル」シリーズを、10月1日(火)に新発売する。

「ベネウッドアイデア」は、天然目特有のやさしい風合いを活かしながら新しさを追求した今までにない木製ブラインド。凹凸の付いたスラット表面に、使い古したようなユーズド感を表現した塗装を施し立体感を出した他、スラットとバランス&ボトムレールの色が異なるツートンカラーでカジュアル感を演出した。スラットはポップなカラー6色、バランスとボトムレールはウォッシュグレー1色。また、限られた天然資源を有効に活用するため、フィンガージョイント(接合面をジグザグに接合する手法で、集成材に多く使われる)を用いている点も特徴である。

一方のバーチカルブラインドについては、住宅用標準タイプ「デュアル」のメカをリニューアルし、デザイン性や施工性を向上させた。
まずルーバー下部の標準仕様を「ボトムコード付き」に変更しルーバーのバタツキを抑制した他、寸法によってバラツキが生じていたルーバーの端部のたまりを、ルーバーピッチの改善により解消した。さらにレールジョイント仕様を導入、施工現場でジョイントできるようになるため高層階のマンションなどでも搬入・施工がしやすくなる。
またデザイン面では、新柄ルーバーとして1台に無地ルーバーと柄物ルーバーを組み合わせた「アクセントシリーズ」が登場、ルーバー自体の形状をデザイン化した「デュアルシェイプ」にも新たなデザインを追加、ルーバーにレーザーカットを施した「デュアルシーズ」にも新デザインとして水玉やクローバー、バラをモチーフにした3タイプがラインナップされた。