森口氏のiPS論文を不正と認定

ざっくり言うと

  • 東大は、「虚偽のiPS実験」で問題となった森口尚史氏の行動を不正と認定した
  • 森口氏の論文に盗用があったことを確認した他、証拠隠滅の行為も確認された
  • 今後、研究費の返還要求があれば大学として対応するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング